77のブログ

aska_burnishstone's diaryのコメント集、【他】

【仕事】   会計士への思い

公認会計士という資格がある。 私にとっては複雑な思いがある資格である。 というのは、 学生時代すべてを司法試験に捧げ、 ロースクール入学を断念した私がそれに取って変わるものとして考えた資格、 それが公認会計士であった。 ここに以前書いた手記があ…

【仕事】   後悔と経験

私は定期的に 自分を見つめるために 履歴書を作成する趣味を持ってるが、 作成した履歴書を見るたびに 様々な後悔をすることがある。 特に機会に焦点を当てずに 仕事をやっつけ仕事として考えて アフターファイブをいかに過ごすかを 考えていたことだ。 あの…

【勉強】   税理士試験は難関試験か?

難関資格に上げられる税理士であるが、 本当に難関試験なのだろうかと思うことは多々ある。 というのは、 私は司法試験をやっていた経験があるため その試験と比較すると、難易度は下がるだろう。 税理士試験は会計科目2科目、 税法科目3科目の合計5科目であ…

【勉強】   予備校の授業は無駄

さて、放っておいたブログを再開したい。 私生活がいろいろと忙しい。 ・仕事 ・家事 ・勉強 前より比較的楽な職場で働いているが、 この職場に死ぬまでいることはおそらくないように思える。 なぜなら私には夢がある。 私はやはり税理士試験を受けたいと思…

【仕事】   ファイナンスを仕事にしたい。

これまで学んできた、 これから学ぼうと思っていることを図示すると 以上のようになる。 これは西山茂先生の本から 拝借した図を改造したものである。 出世したけりゃ 会計・財務は一緒に学べ! (光文社新書) 作者: 西山茂 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2…

【哲学】   ジルソン / 存在と本質

ジルソンを研究しようかと思っている。 存在と本質 作者: E・ジルソン,安藤 孝行 出版社/メーカー: 行路社 発売日: 1986 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ジルソンの存在は昔から知っていたが、 これを機会にちゃんと読んでみたいという気持ち…

【仕事】   基本書を買う

ここ最近、 大量の実務書を買っては読み借りては読んでいるが、 そういった実務知識といったものは 基本書の項目を具体的に敷衍したものが多い。 実務的な、使いやすさと 具体的な事例を元にしたわかりやすさ。 これが実務書のよいところであるが、 こういっ…

【仕事】   予算を作成する

私はこれまで 様々な中小企業の経理を見てきたが、 予算を作成して、実績と比較して、差異を分析して 経営戦略を考えて新たに予算を作成するといった PDCAサイクルを回している企業をほとんど見たことがない。 会計事務所的に言えば、MAS監査といったもの。 …

【仕事】   会計の限界

私は経理職のため 日々会計を勉強しているが、 会計に限界も感じてもいる。 いずれ勉強することが無くなるだろう。 経理の役割は どう経営を管理するかに 尽きる。 ・記帳、経理処理 ・経営分析 ・それに基づく予算編成 ・税金計算 経理にできることは 結局…

【哲学】   連続創造説について

連続創造説という考えがある。 私の一生の全時間は無数の時間に分割することができ、しかも各々の部分は残りの部分にいささかも依存しないのである。私がすぐ前に存在したということから、いま私が存在しなくてはならないということは帰結しない。そのために…

【読書】   ほんとうにわかる経営分析 / 高田直芳

決定版 ほんとうにわかる経営分析 作者: 高田直芳 出版社/メーカー: PHPエディターズグループ 発売日: 2002/06 メディア: 単行本 購入: 11人 クリック: 39回 この商品を含むブログ (12件) を見る この本は旧版であるが、有名な本である。 書店に行って 経営…

【読書】   読まない本を決めるために本を読む

私は本を読んできた。 司法試験の勉強をしていた際に 教材を一元化する習慣を身に付けたことによって 自分の人生を集約できるような本を探す形で 本を読んできた。 そのため、 大量の本を抱えて一度読んでは 「これは読む価値がない」と判断しては 捨てるよ…

【仕事】   MQ会計

以前から 関心のあったMQ会計を勉強したが、 全く難しくなく、飲み込めた。 利益が見える戦略MQ会計 作者: 西順一郎,宇野寛,米津晋次 出版社/メーカー: かんき出版 発売日: 2009/12/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回 この商品を含むブログ…

【仕事】   仕事は人生の役に立つ

私は会計職畑であり、 会計職以外に就くつもりはないが、 会計職、特に法人に所属して経理をやり出してから 会社でやってることと、同じことを個人レベルでやりたいと 常々思ってきた。 そして、 私はこれまで浅学ながら勉強してきたが そこで身に付けた方法…

【読書】   新潮45 休刊

LGBT関連の話題によって 新潮45が休刊になったそうだが、 私は世俗にあまり興味がないため、何でもいい。 が、新潮社。 私はこの出版社が 前々から潰れるのではないかと思えて仕方がない。 2016/09/06 有意義だったとは? - 77のブログ というのは、 私は…

【まとめ】   30,000アクセス

そろそろ 30,000アクセスということで これまで書いてきた記事をまとめる。 【哲学】:偶像崇拝の禁止・・・「時間」 【音楽】 Cocco / Heaven′s hell - 77のブログ イスラム教を研究したり、 レヴィナスを読んだしたけれども、 結局、私の知りたいことは知…

【哲学】   人生を変える本

最近、本当に面白い本に出会えない。 最近の出版状況だけでなく 私の勉強不足にも原因があることは わかっている。 なかなかゆっくりと 時間を取ってコツコツ本を読む時間がない ということももちろんあるだろうが、 年を経たこともあって 小難しい本を時間…

【仕事】   カネと時間を管理する

私は年商10億程度の 小さな会社で経理をしているが、 経理をすると共に労務の仕事もしている。 大きい会社では この2つの仕事は別々に分かれるが 小さい会社では組織の必要上、一人で二つをやる。 【仕事】 会計業界 - 77のブログ 私は税理士志望であったた…

【仕事】   履歴書を書く

私は普通の人よりは 転職の多い人間であるように思える。 そのためか、 普通の人よりも履歴書を書く 機会が多かった。 学生の頃、 バイトの面接を受けるために 学歴しかない履歴書しか書いてなかったため 自分が書いた履歴書を読む意味はほぼなかった けれど…

【読書】   PLATONIC SEX / 飯島愛

おそらく この事件に巻き込まれなければ この本は読まなかっただろう。 【まとめ】 まとめ① - 77のブログ PLATONIC SEX (小学館文庫) 作者: 飯島愛 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2001/08/01 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 29回 この商品を含むブロ…

【仕事】   支配する

結論から言うと、 真の自由とは正当な支配によって 獲得されるものであると私は思う。 私は若いころ、 カウンターカルチャーに はまっていたこともあり、 いわゆるリベラルな思想を持っていた。 大学が早稲田だったこともあり 自由な校風こそ人を育てる環境…

【哲学】   日本人のための宗教原論 / 小室直樹

日本人のための宗教原論―あなたを宗教はどう助けてくれるのか 作者: 小室直樹 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2000/07/01 メディア: 単行本 購入: 15人 クリック: 96回 この商品を含むブログ (61件) を見る こんな本がある。 この本は、 キリスト教、仏…

【哲学】   偶像破壊主義者(Iconoclast)

私の人生の中枢にある概念がある。 偶像崇拝の禁止。 【音楽】 Cocco / Heaven′s hell - 77のブログ モーセが手に入れた概念であるが、 この概念を徹底して磨いていきたいと思っている。 旧約聖書 出エジプト記 (岩波文庫 青 801-2) 作者: 関根正雄 出版社/…

【仕事】   会計業界

私は経理職についており 現在も経理職であり、今後とも経理職を続ける予定だ。 現在、どういう方向に進もうかを考えながら これまでの経験を整理している部分がある。 それを言葉にしてみたい。 これまで経験した 経理職は全部で3種類ある。 ①そこそこ大きい…

【哲学】   カントの「悪」論

近々、こんな本が出るようだ。 カントの「悪」論 (講談社学術文庫) 作者: 中島義道 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/09/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 中島先生の新刊ということもあって たいへん楽しみにしていたけれども、目次を見…

【哲学】   座右の書を探す旅

私はこれまで本を読んできたが、 本を読む端緒というのが以前にも書いた 司法試験の挫折とカウンターカルチャーを葬りさったことにある。 当時、これからどう生きるべきかがわからず、 司法試験時代に教材を一元化する趣味を身に着けたことによって 一冊に自…

【仕事】   本を買う

私はほとんど本を買わない。 というのは、 図書館であらゆる本が手に入るからである。 【仕事】 図書館を使い倒す - 77のブログ 【仕事】 本屋の利用 - 77のブログ 私は現在、近隣の図書館の 図書カードを4枚所有している。 この4枚の図書カードで 最大一…

【仕事】   本は全部読む

本は全部読む。 最初のページから 最後のページまで全部読む。 そういうことを言いたいわけではない。 一つのジャンルの本を読む際に そのジャンルの本を全部読むつもりで本を読む。 これが私のスタンスである。 私は経験上、 専門家というものを 胡散臭い目…

【仕事】   プロフェッショナリズム a.k.a 意識高い系

「いたいコンサル すごいコンサル」という本を 先日、読んでいたが、読み返したい部分があって 図書館から再び借りて読んでみた。 いたいコンサル すごいコンサル 究極の参謀を見抜く「10の質問」 作者: 長谷部智也 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発…

【仕事】   人生論としての経営戦略

最近、これまで全く勉強したことがない経営戦略を勉強し始めたが、まだまだ勉強が足りていない。 将来的には経営戦略だけでなく戦略一般についても勉強していきたいと思っている。 実際、野中郁次郎さんは経営学者でありながら戦争戦略について研究なさって…