読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

77のブログ

aska_burnishstone's diaryのコメント集

2017/03/16 ええ。

【その1】

 

私もこのブログを見ていて
間違いなくこのブログに犯人がいるのだろうなと

思っていました。

 

間違いなくいます。

 

そして
 ブロックしたのは得策です。

 

これほど長い期間にわたり
盗聴盗撮してることから凄まじい粘着性が
感じられます。

 

こんな奴を放置してると
絶対にロクなことにならないので
 ぜひともブロックするべきです。

 

また、犯人の数が
92人であるということですが、
そのような大多数で行っていることも
私も知っています。

 

彼らは
全国区で連絡を取りながら
活動しています。

 

以前書きましたが、
 私の盗聴効果が現れる際に
必ず「以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします」という

連中が掲示板で話題にします。

 

あれは何なのでしょう。

 

以前書きましたが
「No music No life(笑)」
 「案山子 2.0」の件もそうです。

 

必ずニュー速というところで話題にされるのです。

 

このように彼らは
匿名掲示板に寄生しながら
何らかの犯罪を企てていると
私は思っております。

 

また、法律上正式な手続きを
丁寧に書いてくださってる方がおられますが、

なぜAskaさんが自ら証拠集めをしているのかというと

誰も助けてくれないからです。

 

刑事手続きを通じて解決すべきという
正論が出ましても、証拠集めに関して

捜査機関はやはり乗り気ではないのです。

 

サイバー課を通じて
解決しようとしても、事件の実態が
不明確である以上、そこまでの予算を
注ぎ込めるほど熱心には動いてくれるわけではないのが

実情です。

 

私も本来であれば、
刑事手続きに則ってやるべきだと
思っているんです。

 

ですが
 なかなか動きにくいという点が
 あることもご理解いただきたい。

 

そのためにも
 マスコミ並びに有識者の力を
 お借りしたいと切に願っているのです。

 

私はこの問題は
本来国がやるべきだと思ってますが、
 実際そうしてくれないため
 この国に憤りを感じてはいます。

 

しかし、
この問題の大きさゆえに
国に頼らざるを得ないのです。

 

Askaさんには
最終的に国の責任を追及してもらい
 この国の英雄になっていただきたいと
思っていますが、その影で私は
 マスコミ並びに警察に感謝することも
忘れないでしょう。

 

誰も助けてくれないのですから。

 

また、セキュリティーを強化しろとか
金をかけろとかいうご意見もありますが、
それが悉く突破されてる感があります。

犯罪態様は幼稚ですが、彼らはITに相当長けています。

 

私も比較的普通の人より
勉強してきたという自負があるため
ITスキルを磨き、彼らを捕まえようと
思ったことがありましたが、
 今後の生活等も考慮した上で、
とても彼らに勝てるように思えませんでした。

 

彼らは皆さんが思っている以上
IT犯罪に長けていますよ。

 

皆さんもAskaさんの文章を読んで
AskaさんはITに強いとか思うでしょうが
 それ以上に彼らは詳しいと思っています。

 

IT専門家がAskaさんの話を
戯言として一蹴してますが、彼らはあくまで

合法の領域でITを研究してるだけに過ぎないかもしれませんよ。

 

本当に彼らは詳しい。

 

今回のバイキングの検証においては
「室内盗聴」のみでしたが、私やAskaさんがやられた

頻繁的に生じた被害である「携帯電話盗聴」や

「アクセス追跡」などについても検証していただきたい。

 

「携帯電話盗聴」、「アクセス追跡」については

私の被害状況とAskaさんの被害状況はそっくりです。

 

【その2】

 

後、コメント欄にて
時系列云々書いてる方がいますが、
 一つコメントしておきます。

 

以前書いたのですが、
Askaさんが覚せい剤の売人が誰かを
法廷で話したことが原因となって

盗聴盗撮されたわけではないのです。

 

それ以前から
盗聴盗撮されている以上、
この法廷の騒動とは何も関係ないです。

 

おそらく随分前に
 なんらかのトラブルがあったように
私は見ています。

 

また、Askaさんに
必要なのはやはりAskaさんを深く
理解してくださる人だと思えました。

 

Askaさんも
本で書かれてましたが
「自分の言ってることが
 嘘だと思うならば、自分の傍に
 四六時中いてくれ」と。

 

本当にそういった
深い理解者が必要であるように
思えました。

 

盗聴盗撮事件と
四六時中闘っていると
精神的に参ってしまいますからね。

 

私から見ても、
Askaさんは盗聴盗撮について
勘ぐり深くなっているように思えます。

 

ただ、私もAskaさんと同じなのです。

 

どうしてもそうなってしまう。

 

こういった被害にあえば
 どんな人間であってもそうなってしまう。

 

この勘ぐり深さを
覚せい剤の後遺症と誤解されないためにも
深い理解者が必要であると思います。

 

広告を非表示にする