77のブログ

aska_burnishstone's diaryのコメント集、【他】

【仕事】   踏み止まる

 

「共同体はカネでしかなく、

 カネのみによって共同体に依存しない

 生き方を目指す。」

 

この点について

私は以前、ユダヤ人に惚れ込み

ユダヤ人のような故郷を喪失した生き方をしたいと

思っていた。

 

しかし、

良心の呵責を感じることがある。

 

共同体に依存しなければ

生きていけない人々を見捨てることについての

良心の呵責である。

 

最近つくづく思うが、

年を経るごとに可能性は狭まり、

こうでしか生きられない人々を見る機会が増えると共に

そうした人々の優しさを感じることがある。

 

私の弱さだろうか、

この人々を見捨てて

自分だけ生き残ってもよいのだろうか。

 

レヴィナスが言うように

道徳の基礎には自己と他者の非対称性があることは

間違いないだろう。

 

全体性と無限 (上) (岩波文庫)

全体性と無限 (上) (岩波文庫)

 

 

全体性と無限〈下〉 (岩波文庫)

全体性と無限〈下〉 (岩波文庫)

 

 

 自己と他者は

非対称的な関係であるのに

対称的な関係であると錯覚してしまう。

 

そこに悪が潜むのだろう。

 

レヴィナス

存在の彼方へ」において

自己と第三者に関する考察をしているが、

考察において「正義」の観念を持ってくることについて

納得がいかない。

 

が、レヴィナスから

学んだこともたくさんある。

 

レヴィナスの研究書であるが、

「浦上 麻衣子」さんが博士論文として書かれた

レヴィナスにおける主体について」は勉強になった。

 

以前はWebで読むことができたが、今はどうも読めないようだ。